乳酸菌を増やす|腸内をキレイにしてくれる働き!

腸内環境を整える

ファミリー

善玉菌を増やす

乳酸菌はヨーグルトやチーズなどの乳製品、味噌や納豆などの発酵食品に含まれています。昔から人間の健康維持のために役立つと言われており、乳酸菌が腸内の細菌の数を増やして免疫力を向上させたり、便秘や下痢の改善、アトピーや花粉症などのアレルギー症状を抑制する効果があることがわかってきました。乳酸菌はヨーグルトなどをそのまま食べると消化のために分泌される胃液や胆汁によってほとんどが死滅してしまうと言われています。生きたままの乳酸菌は整腸作用があると言われていますが、死んでしまった菌でも腸内の善玉菌のエサとなってその数を増やす働きをしたり、悪玉菌が増えるのを抑制して腸内環境を整える効果があると言われています。

摂取のポイントは

乳酸菌はどのような形でも体内で人間の健康の為に働いてくれているのですが、ヨーグルトの場合には1日200〜300gの摂取が必要になってきます。しかし、胃腸の弱い人などはお腹が緩くなってしまったり、加糖のものを食べることでカロリーの摂り過ぎになってしまう可能性もあるため1日100g程度をヨーグルトから、後は納豆や味噌などの発酵食品を摂取するようにしましょう。ヨーグルトが苦手だという人は、サプリを利用するのも良いでしょう。サプリの場合には胃液や胆汁に負けないように加工がしてあり、腸内で生きた乳酸菌が滑動できるようになっているものが多いため、ヨーグルトなどの食べ物から摂取するよりも効率よく腸の中に乳酸菌を送り込むことができます。