乳酸菌を増やす|腸内をキレイにしてくれる働き!

腸内フローラに関係する

サプリメント

サプリで取れる

乳酸菌は腸内フローラと密接な関係があり、乳酸菌を取ることで腸内フローラの状態を整えることができます。腸内フローラは腸の中の細菌のバランスのことで、善玉菌と悪玉菌と日和見菌が1:2:7の割合が理想とされています。腸の状態が悪い人は悪玉菌が増加しているのですが、乳酸菌を取ることで悪玉菌の量を減らすことができます。乳酸菌は食べ物から取ることができますが、サプリでも取ることが可能です。サプリで取った場合は、食べ物から取るよりも多い量の乳酸菌を摂取できます。サプリの中には他の栄養素も含まれているので、相乗効果も期待できます。お腹の調子が悪い人は積極的にサプリを取って、腸内フローラの菌のバランスを正常な状態に戻すようにしましょう。

腸まで届くことが大切

乳酸菌は腸まで届くことが一番大切で、腸まで届かなかったら、腸内フローラの状態が改善されることはありません。体内に入った乳酸菌は胃の中を通過しますが、その時に溶けてしまうことがあります。胃の中には強い酸性の胃液が含まれているからです。せっかく乳酸菌をとっても、胃酸に溶かされてしまったら効果は減少してしまいます。サプリメントに使われている乳酸菌は、胃で溶けないように工夫されています。例えば、特殊なカプセルに入れられている場合があります。食べ物でも腸まで届かないことがあるので、注意するようにしましょう。例えばヨーグルトだったら、パッケージに腸まで届くと明記されている製品を購入して、食べるのが好ましいです。